About Us

About Us

We are

日本の交通利用が全国的に減少に転じる中、我々は移動を通じた「出会い」こそ、人間の創造性をはぐくむと確信します。

公共交通のみならず様々なの移動機会を作り、人々を移動へと駆り立てる。
我々は、そのきっかけづくりを担うプロ集団です。

MaaS have & is

Mobility as a Service、通称MaaSとは、交通資源を統合し、一つのサービスとして運用する交通政策の概念です。2014年にフィンランドの大学にて修士論文として発表されたのち、2017年にMaaS Allianceが4つのレベルを定義し、世界中で実装が行われてきました。今までは鉄道、道路、バス、自転車等、各交通手段に分けた交通政策が展開されてきましたが、それを統合し「ネットワーク外部性※」を生み出すことで、人々の交通・移動の便益を生み出していきます。

We think

日本国内におけるMaaSは、スマートフォン上のアプリで既存のチケットサービスを提供する場合が殆どです。確かに、既存のパスのデジタル化は、チケット発見の省力化や販売経路の拡大を進めるうえで重要です。
一方で私たちは、様々な交通資源を統合し、ひとつのネットワークとして提供することこそ重要であると考えます。これを実現することではじめて、交通の存在価値を最大化し、他業界への展開としての「Beyond MaaS※」につなげられると考えています。

We realize

弊社は「Beyond MaaS」「Deep MaaS」双方を掛け合わせつつ、交通の価値最大化に貢献する「MaaSオペレーター」として、事業を推進してまいります。
例えば、
・交通を利用した地域商業の活性化
・環境にやさしい通勤通学の実現
等に貢献するとともに、
・交通を利用した様々なサービス設計の支援
を通じて、社会全体の創造性向上に貢献していきます。